暴走280キロ男35歳、映像あり。新幹線並み速度、どんな罪に?

政治/社会
Pocket

こんにちは!
@HopperMagazineです!

国内のスピード違反史上、
最高速度での違反者が出ました。

発見に至ったのは
本人がYoutube動画が
きっかけですって!

おバカさんですね。違反しただけでなく
見て欲しいくてたまらなかったんですね!

どんな男なんでしょーか?

Sponsored Link

1.280キロ暴走男、理由は?

男は、

東大阪市内の自動車専用道路を
時速約280キロで暴走したと
して、大阪府警が5日、

道路交通法違反(速度超過)
などの容疑で書類送検した大阪市
城東区の無職の男(35)が、
300キロほどで暴走する
様子を、動画投稿サイト
「ユーチューブ」に自ら投稿。

「車の性能を確かめたかった」
と容疑を認めているそうだ。

『車の性能を試したかった。
早い車に乗っているのに、
トロトロ走ってられないでしょ!』

と。

全く悪びれた様子もなく
ふてぶてしい様子。

犯行理由といい、
態度といい全く反省はしていないです。
彼のような人間には、

人への迷惑や法律違反より、
自分の欲求言動の理由が、
優先される。

ある意味、

『そこに山があるから登るんだ』
的な、クライマーみたいに理由。

『早い車なんだから早く走った』

だけ。

うーん・・

走りたい欲求はわからんでもないが。

しかし、

280kmだす精神力は驚愕ですね。
かかるGも半端ないし、
プロいわく

『小石が弾丸のように飛ぶ世界』

らしいので、常人なら恐ろしくて
アクセル踏めないよ。

こいつ、モラルはないけど、
精神力だけは人並み外れて
持ってそう。

今後は別の形でその精神力を
発揮して欲しいもんです。

Sponsored Link

2.暴走した罰はどんなの?

この新幹線『のぞみ』と
同じ速度を出した車は

『日産 GT-R』

だそう。

彼の犯した国内史上最高速度の
暴走スピード違反の処罰はどんなの
でしょーかね?

基本的に、

『一般道では、30キロ、
高速道路では40キロ超過すると
罰金10万円以下、懲役6ヶ月以下の刑罰』

となる。

しかし、

今回のように

『道路交通法上、80キロ以上超過の場合、
公判請求、通常裁判事件として実刑となる

その場合、通常刑務所か交通刑務所送
りになる可能性が高い』

となる。

つまり、厳罰の可能性がある。

男の動画では、

「車に乗り込む所から撮影され
スタートから約10程で200キロまで

加速している」様子が映る。

つまり、

「高速道路上で、トンネル内で一度停車し、撮影を
はじめ、その後乗り込んで時速280キロ
まで出すスピード違反を犯した」

ことになる。

最初から、

280キロまで(もしくはそこあたりまでの違反を)
だしつもりだったのだ。

衝動的ではなく、計画的に行った点が
刑罰の焦点になるかもしれない。

3.まとめ

このような男には
厳罰を与えて欲しいが、

変に、『国内最高速度』

の称号を得てしまったから、
動画を見た若者が触発されて

同じようなスピード違反に繋がらない
ことを願う。

どんなに、人がいない状況でも、
100%事故しないことは、あり得ません。

その時は死のみですから。絶対に真似してな
いけませんね!!

Sponsored Link

関連記事