九州大で爆発、キャンパス内で焼死体の男の身元は?爆弾製造か?

政治/社会
Pocket

こんにちは!
@HopperMagazineです!

福岡市の中心地・天神から
車でわずか15分。

福岡市東区にある
『九州大学 箱崎キャンパス』
で爆発騒動が起きました!

Sponsored Link

1.事件概要

事件(事故?)か?

九州大学・箱崎キャンパスで、
7日午前7時ごろ複数回の
『ボンっ!ボンっ!』という
音がして爆発騒ぎ
がありました。

現場からは男性の
焼死体1体が発見され
ています。

事件なのか事故なのか現在
も調査中とのことです。

Sponsored Link

2.事件か?事故か?男の身元は?

事故のあった九大箱崎キャンパス
は、もともと理系学部が入って
いたキャンパスでした。

すでに箱崎キャンパスは
移転が決まっており同じ福岡県内
糸島市九大キャンパスが統合される予定。

箱崎キャンパスはまさに
『お引越し』の最中でした!

爆発のあった法学部棟3F
建ての1F 部分が火元と
みられている。

その部屋から年齢性別不詳
(後に男性と判明)の1人の
焼死体がみつかったのだ。

実はこの男性、同大学の
卒業生らしく同大学卒業後
も使い続けており、
大学側が退去を催促
していたという。

警察は遺体がこの男性の
可能性もあるとみて
いるらしい。

SNSでは『テロか?
自家製の爆弾製造中に
誤爆死?』

など、さまざまな憶測
がとんでいるがどれも
推測にすぎないようです。

3.過激派思想が原因?

しかしながら、九州大は以前
から左翼というか、過激派
思想を持った青年活動家
多いという特色があった。

文系で法学部棟という、
およそ薬品があやまって
爆発しそうな現場でも
ありませんから、
人為的な爆発も考えら
れますね!?

ただ、現場をみた人の
ツイートでは、『ガス管の爆発?』
ってツイートもありますので、
警察の調査発表を
まちましょう。

もし健全な大学生が、
建物の老朽化による
ガス管破裂で死亡したなら
なんともやるせない
事故ですよね。

キャンパスの引越しさえ
終わっていれば、防げた
かもしれない事故(事件?)
でした。

お悔やみ申しあげます。

Sponsored Link

 

関連記事