万引き家族、是枝監督が認めた松岡茉優!10年の不遇超えパルムドールへ

映画/ドラマ
Pocket

こんにちは!
@HopperMagazineです!

今月8日の公開から、わずか数日で約7億円超え、観客動員数61万人超えの大ヒット映画

「万引き家族」。

21年ぶりのパルムドール受賞!

ケイトブランシェット絶賛」

「安藤サクラ 絶望的に演技が素晴らしい!!」

など、あらゆる切り口で絶賛されていますので、いつくか、口コミをまとめてみました!

Sponsored Link

◆松岡茉優が開花したわけ

デビューから子役〜女子高生の10年は、不遇の時代だった

そう語る松岡茉優さんでしたが、ついに上り詰めてきましたね!

彼女はいったいどんな経歴を歩いて来たのか?

彼女は、早稲田大学で、是枝監督と共に、「万引き家族」の特別講義を行った。

学生500人を前に、これまでのフィルモグラフィや今作について語ったのだが、とても面白い

内容でした。

6年間で2つしか仕事がなかった。」そう語る松岡茉優はとにかく劣等感の塊だったようです。

しかし、今作では、これまでの女優経験を捨て去り、闇のある風俗嬢役を熱演しています。

ネタバレになるので詳細は劇場で確認してほしいですが、マジックミラー越しにお客と接する

「 JK風俗嬢」姿、これが妙〜にエロいんですよね!

水着姿やお客とのラブシーンは必見ですね。

本当にこれからが楽しみな女優さんですね。

Sponsored Link

◆結局、安藤サクラが一番怪物のわけ

しかし、そのはるか上をいくエロさと艶やかさを放つ怪物・藤サクラさんには、まだまだ敵わないか・・・?

カンヌ映画祭で審査員長のケイトブランシェットも大絶賛していた、今作の安藤サクラさん。

「真夏の蒸し暑い部屋でそうめん食べながら、リリーさんと欲望にはしる」様は、

エロい、なんてレベルじゃないですよ。ぬめる肌と愛撫の音、匂いが五感を歪に刺激して

頭から離れません。

そして、パルムドールの決め手となった、安藤サクラの「慟哭(泣き)の演技」。

このワンシーンを観るだけでも、この映画を観る価値がありますね!

◆口コミ レビューまとめ!

まずは、海外一流紙でも、絶賛ばかりですね。

基本的に海外は、貧困家族をテーマにした映画好きですよね。そもそも日本人ってこういう映画が

一番得意だと思うんですよねー。

それなのに、ベタベタな恋愛映画を量産したり、クオリティの低いCG映画だったり。

もっと、民族性にあった映画づくり・映画業界の風潮ができれば海外でも評価上がるのに・・

ほかにも、

など、見た人の口コミ評価が高い!ただ、犯罪家族をユニークでコミカルに描いていない。

現代貧困家族の闇を光をありのままに描いている。特に細部にこだわったセットから、

「汚れた生活感」

が、生々しく伝わりました!

◆まとめ

同世代が駆け上がっていくさまを「苦虫を噛みしめながら、見上げてました!」と語った

松岡茉優さん。

是枝監督から「各世代で一番うまい役者を集めた。20代はあなたでした」

いわれて、心底うれしかったと思います。

安藤さくらさんや、樹木希林さんのような偉大な女優になってほしい。

 

6月8日より、絶賛公開中 公式サイト

是枝裕和監督 最新作『万引き家族』公式サイト – GAGA

是枝監督、スッキリ!生出演で独特な演出語る!万引き家族は必見!

2018.05.30
Sponsored Link

 

 

関連記事