自殺アイドルの美人姉に見る、驚愕3つのなぜ?『私も騙されやすい』

芸能記事
Pocket

こんにちは!
@HopperMagazineです!

愛媛県のご当地アイドルグループ
愛の葉(えのは)のメンバー

大本萌景(おおもとほのか)=16歳、
さんが自宅で自殺した件について、

アイドルのあり方について
大きく話題になっています。

しかし、会見や情報番組ではほのか
さんの姉・可穂(かほさん)が度々登場しているが・・

Sponsored Link

1.美人な19歳の姉・可穂さん

妹さんとは3っつ違いの
姉さんですが、

全国放送の朝番組でしっかりした
物言いで出演されていますた。

妹が進学で悩んでいたときも、
「全日制の高校だは、
更に芸能活動がきつくなるから
考え直したらどうか?」

「責任感が弱い妹だから、
逆にキャプテンになって強い責
任感が生まれて追い込まれたのでは・・」

と発言。

見た印象では、アイドル界の知識は
一般人の人と同じ。

それほど詳しくないが、

普通の印象と知識があるくらい。

なので行っていることは
至極真っ当だと思いました。

しかしながら、
お姉さんに感じた3つの違和感も
またあった。

Sponsored Link

2.3っつの違和感

・妹とは最近、すれ違いで挨拶程度だった

妹のほのかさんと、姉の香穂さんんは
死の前はあまりコミュニケーションは
取れていなかったようだ。

むしろ、

『責任感が弱い妹が、

せっかくキャプテンになったのだから
もっと頑張っても・・
キャプテン辞めたい・・

というんは、早すぎるんやないん?』

と感じたそうだ。

ここで姉の香穂さんは妹がいかに追い詰められて
いたかの認識が甘かったのか・・

ご本人も『4時起きでの仕事なので・・

最近は挨拶程度しか会わなかった。。』

と発言。

仕方ないとも言える。

しかし、もう少し妹・ほのかさんの
立場になって親身になったら
状況は変わったかもしれない。

・アイドル事情が分からない所属事務所社長への不信

また姉・香穂さんがいうには
『社長は真実を言っていない・・』

そう主張していました。

確かに取材から感じるあの事務所
社長が真実を言っているのかは不明。

というか、怪しい嘘くさいお金しか
見ていない。という印象は感じた。

しかし、芸能事務所の基本としては
「タレント=商品」という図式は

ある種当たり前だ。

事務所はマネージメントや仕事を
斡旋して、その対価でクライアントから
お金をもらおう。

タレントは自分の能力は労働力の
対価として事務所からお金をもうう。

これは、当たり前の企業の
賃金労働体系です。

企業が商品を売って利益あげるのは当然、
タレントを、ある種商品とも言えるので

『商品として見ている』

は、そりゃそうですよ。

過重労働はもちろん NGですが・・

・私も騙されやす。。

番組出演中、姉の香穂さんが語った

『私も騙されやすい』

との発言がありました。

なのでスタッフさんへの信頼は
それなりにあったと言える。

しかし、自殺が起きてしまった後は
自分の認識が誤りだったことを語った。

うーん、もちろんお姉さんに関わらず、
ご家族も皆んさんそうでしょが、

聞きたいことを聞けていないから

『真実を言ってない。ちゃんと
言って欲しい。』

と感じました。

3.まとめ

今後裁判で、『パワハラ』

や自殺の真実が明らかにされる
のだろうが、

もう少し家族が、両親が
SOSをキャッチして

事務所を早く辞めさせる
べきでしょうーね。

Sponsored Link

関連記事