総選挙2位、須田亜香里スピーチで人気!ブサイク?可愛い?卒業すぐか?

乃木坂関連
Pocket

こんにちは!
@HopperMagazineです!

先日のAKB総選挙が行われていましたが、まさかSKEの二人がワンツーフィニッッシュ

飾るとは、誰が予想したでしょうか!?

須田亜香里さんは、前年の神7入りに続き今年はさらに躍進して、過去最高2位を記録しましたね。

ファンの方は歓喜したのでしょうねー。

そんな、須田亜香里さんの魅力とは、一体なんでしょか?

須田亜香里オフィシャルサイトこちら!

Sponsored Link

 

◆落ちこぼれが、総選挙2位の大躍進!!

名前:須田亜香里  すだ あかり

生年月日:1991年10月31  26歳

出身:愛知県名古屋

学歴:金城学院中高、金城学院大学卒

趣味:自撮り

 

2018年の6月16日、『第十回AKB選抜総選挙』にて、須田亜香里さんは、奇跡の

2位を獲得!!

もともと、2010年にSKE48の正規メンバーとなり、足掛け8年で登り詰めた苦労人である。

2013年の国民的ヒット曲「恋するフォーチューンクッキー」で表題曲初選抜入りした。

少しづつグループ内の知名度もあがっていき、昨年度の第九回選抜総選挙で神セブンいりした

ことで、個人でのメディア露出が激増。

「痛快TVスカットジャパン」や「ABEMA TV キンコン西野 エゴサーチTV」などに単独

出演し持ち前のガッツと、ぐいぐいの握手会実演などが好評となり、2017年のAKBグループメンバー

の認知度上昇率、1位となったのだ。

本人も公言している「ブスキャラ」を武器にトークは握手会の神対応で根強いファンを持っている。

 

◆話題のスピーチ内容とは?

須田亜香里の2位獲得したスピーチはこうでした。

「ステージの端っこからでも、ここまでこれる、を証明するために1位を目指した」と。

そして、ここからの彼女のスピーチがとても重要でした。

「 世間のみなさんは、私たちが思っている以上に48グループに興味がないということです。

こんなにも皆さんが熱く応援してくれるのに、こんな私でも見てくれる心の清い人たちがいるのに、
なんでこんなにもつたわらないんだろうってもどかしくて・・・」

おそらく、個人でのメディア出演がふえて、これまでアイドルとして出演しただけではテレビも世間も、

興味がわかない。結局個人のアイデンティティやタレントパワーがないと埋もれます!

ってことを、痛感したんでしょうね。

これは、今までのAKBグループアイドルからは、聞かない言葉だったでしょう。

そして、最後にこうつづけています。

『今こそメンバーひとりひとりが自分の武器、自分自身をもっと武器にして、個性を出していって

48グループの旗を掲げて戦って行くときだと思います!』

正直、1位の松井珠理奈には、特に魅力を感じません自己陶酔が激しくて、まったく惹かれない。

顔もおばさんだしね!ファンの方ごめんなさい。

須田亜香里も、おばさん顔ではあるが、ここにきて一皮向けた感があって好感度アップー**

Sponsored Link

◆ブサイク?可愛い?卒業すぐ?

須田亜香里はブスである!

ネット上ではだれもがそう書き立ています。

わたしもそう思う。

ただ、最近は昔ほどひどくはないし、大人になってきたので、会話できそう。

テレビで見かけても、持ち前の明るさと、「握手会の女王」キャラで、

見せ場をしっかり作れますから。あと、軟体動物並みに体が柔らかいようだ。

けっして、可愛くはないが、ブサイクでも・・

いや・・

タレントと考えたらやっぱ、ブスか!!

だーすー(須田のあだな)なら、ブスでも大丈夫!

さらにブスの指原がバラエティで活躍してるし。卒業に

関しても、2位のスピーチで「まだしません!」と公言していますから、

来年は本当に、まじで、1位取っちゃうかもしれませんね!?

◉まとめ

今年の須田亜香里さんは、全メンバーのなかで一番風格がありましたね。

事務所移籍してからソロ仕事で、メンタル鍛えたって感じ。

そして、48グループの小さな世界に気づき、もっと個人で視野をひろげ

個性を身につけよう!と、訴えた須田亜香里は、1位の松井珠理奈の

数倍も頼りになる存在である。

落ちこばれの、最後列メンバーが、来年2019にはついに『天下を取る!』やも

しれません!?

Sponsored Link

関連記事