ボクシング助成金疑惑、告発された山根会長の愛人やパワハラまとめ

スポーツ
Pocket

こんにちは!
@HopperMagazineです!

アマチュアボクシング界で関係者300人が日本連盟を告発!
リオ五輪の助成金を不正流用のパワハラで
内部告発がありました!

日本ボクシング連盟会長 山根 明』氏が告発されました!

関連:山根会長スッキリの動画で名前言れた家族の反応が・・加藤もブチギレ

Sponsored Link

1.成松選手が受けたパワハラ

ボクシング選手の成松さんは、「助成金」として連盟から240万円を
うけとったが、会長の指示で二人にお金を分けた。

明らかな不正流用で、成松さんは「指示したのは山根会長(78歳)」

しかし、怖くて言えなかった。
としています。

実際、連盟幹部とのやりとりが音声データで残っており、
そこでは「山根会長が指示したように聞こえないように!
説明しろ!」

と、幹部が成松さんに命令しているのだ。

間違いなくこれは不正ですね。

疑惑ではない。
また、山根会長は、ボクシングで遠征などに同行する時は

「かならずスイートルームで宿泊し、役員はエントレンスにズラー
っと並んでお出迎えさせられる。

他の一般客への迷惑も出ている為、役員もうんざりしてる。
また、「部屋には高級フルーツ用意、ミネラル水、お酒、豪華な椅子!?
食事で口にするお肉は、高級和牛のみ」と、

まさに王様のような振る舞いだったようです。

言っておきますが、助成金って我々の『税金』ですからね!!
ふざけんなと言いたですよ!まったく!!

Sponsored Link

2.日本ボクシング連盟会長の山根明(あきら)

そもそも、これほどのパワハラを最高権力者の会長職がしたらいかんでしょ!
アスリートに使われるべきお金をねえ。

こちらが、その山根会長。

こわそうだ。

旧態依然の権力者を絵に描いたような山根会長ですが、
パワハラだけじゃなくて、女関係もかなり派手だったようです**

山根会長の愛人と言われているのが、
同じ連盟の役員をしている、

副会長 田中秀子

女子ボクシング 委員会副会長 内海祥子 

のふたりだと、言われています。
二人ともボクシング連盟とは長い関わりがありますから、

山根会長との関係のズブズブでしょうー**
しかも、組織のトップだから愛人でも、「イエスマン」的な

上下関係のはず。

ここでもきっとパワハラだったかも・・

関連:山根会長スッキリの動画で名前言れた家族の反応が・・加藤もブチギレ

3.村田選手の厳しいコメント

今回の騒動では五輪金メダリストの村田選手もコメントを出しています。

おなじアスリートで、同じボクサーですから、痛いほど成松選手
の気持ちがわかるうでしょね。

「悪しき古きひとたち」

これからの時代、、老害は一掃してほしい。
若い芽をつんで、世界に飛び出せなければ日本のボクシングの
レベルは上がらない!

山根会長には、今すぐボクシング連盟を辞職していただきたいですね!

関連:山根会長スッキリの動画で名前言れた家族の反応が・・加藤もブチギレ

Sponsored Link

関連記事