jAL飲酒のCA、シャンパンがぶ飲み46歳女性の素顔が驚愕・・!

政治/社会
Pocket

こんにちは!
@HopperMagazineです!

 

空港会社大手の『JAL』
で、46歳の女性客室乗務員が
飲酒勤務したとして、問題になっています。

一体どういった人物なのでしょうか?
調べて見ました!

Sponsored Link

1JAL、飲酒のCAは46歳の女性だった!

なんと、飲酒を行なったJAlの客室乗務員は、
46歳のベテランCAでしたが、

今回は、ホノルル行きの機内にて
トイレで客用の170mlのシャンパンボトルを
丸っと飲んだ模様!!??

しかも、

『お酒くさい!?』

と、客や同僚から指摘され、

呼気検査を実施した。

 

一度目の検査で、基準値が超えた
ようだが、

『さっきマウスウォッシュしたから
その反応が出たのかも・・』

と、疑惑を否定した。

そのため、一度時間をおいて30分後に再び実施。

すると、又しても基準値を大きく超える
呼気反応が出た!

完全に飲酒していると判定されますね。

とある記事では、

『私は絶対に飲酒はしていな!!』

と、供述していたようだが実際は、
所属のJALの調査でどうやら、

間違いなく飲酒したようだ。

この女性、一体どういった人物なのか?

過去にも飲酒の経緯があったようだ・・

Sponsored Link

2.CAの素顔が・・

残念ながら、この女性の素顔までは
掲載できませんが、

過去にも一度、飲酒の疑いが
あったようだ。

彼女はいわゆる

『アルコール依存症』

なのでしょうかね?

近年、JALは、ANAに比べて、

『美人が少ない。

機長が飲酒した。

グランドスタッフも横柄な対応がある』

等、散々は評価と口コミが目につきます。

大手だからとタカをくくっていると、
勢いのある格安航空会社に、取って代われれる
のはでは??

SNSなどの口コミは、侮れませんからね!?

3.まとめ

JALは今回の事件を受けて、
会社の代表格三人が、

会見し、謝罪を行なった。

しかし彼らは何回飲酒問題を
起こせば良いのでしょーかね?

依存症の人を客室乗務員にしておくとか、
機長などのスタッフに飲酒クゼがあるとか・・

もし、その人の責任で墜落→大勢が死亡したら
その人、それこそ一生立ち直れないで
お酒に溺れまくるだろうに・・

本人と会社は厳重に対応して
欲しいものです。

Sponsored Link

関連記事