映画/ドラマ

カズ・ヒロ氏の経歴!代々木アニメーションで講師だったって本当?

Pocket

カズ・ヒロ(辻一弘)氏と言えば、2020年2月3日、映画「スキャンダル」でメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したメイクアップアーティストです。
今話題のカズ・ヒロ氏さんは、どんな経歴の持ち主なのでしょうか。

まずは基本的な情報からご紹介していきますね!

カズ・ヒロ氏のプロフィール・基本情報について

 

本名は辻一弘(つじ・かずひろ)です。出身高校は滝谷大学付属平安高校です。
妻子に関する情報は、残念ながら見つけられませんでした…。今後もアップデート情報に注目していきたいと思います。

カズ・ヒロ氏の基本情報
生年月日 1969年5月25日(50歳)←2020年2月10日時点
出生地 京都府京都市
居住地 ロサンゼルス
職業・肩書 メイクアップアーティスト、特殊メイクアーティスト
活動期間 1996年~

カズ・ヒロ氏がメイクアップに興味を持ったきっかけ

現在海外でも活躍しているカズ・ヒロ氏ですが、メイクに興味を持ったルーツは、外国のある人気映画にありました。カズ・ヒロ氏はまず映画に興味を持ち、そこから出演俳優のメイクに関心を持つようになったのです。

カズ・ヒロ氏は幼い頃、「スター・ウォーズ」を観て映画が好きになります。
これを機に、主に海外の映画を特集する映画雑誌を読むようになりました。そこで、特殊メイクでリンカーン大統領そっくりの容貌になった俳優を知ります。
これをきっかけに、特殊メイクを自分もしてみたいと思うようになったのです。

余程特殊メイクへの情熱があったのでしょう。自分の顔を土台とし、リンカーンに真似てメイクした時の写真を、手紙を添えてその雑誌社に送りました。すると返信には、「アメリカにはメイクの良い学校がないから、独学が一番だ。」というアドバイスがありました。

その言葉を素直に受け取ったカズ・ヒロ氏は、特殊メイクを独学で学び始めました!

アメリカで活動する前には講師をしていた

カズ・ヒロ氏は、今でこそアメリカで有名なメイクアップアーティストに大成していますが、その前は、「代々木アニメーション学院」の講師として働いた経歴もあります。

講師の後は、メイクアップアーティストの江川悦子さんの工房でスタッフとして働くようになります。

国内の映画「スウィートホーム」でメイクを手掛け、27歳の時についにアメリカへ…!

アメリカに渡って弟子入り

渡米したカズ・ヒロ氏は、特殊メイクを学ぶきっかけでもあり、文通までしていた特殊メイクの先駆者・ディック・スミスさんに弟子入りします。

優れた師のもと、しっかり勉強したのでしょう。習得した技術や経験は、後に関わる作品でも高く評価を受けるようになります。

1997年には映画「メン・イン・ブラック」の特殊効果に携わり、2000年の映画「グリンチ」では、イギリスのアカデミー賞メイクアップ&ヘアー賞を獲得します。努力が報われ、着実に実績を積み重ねていきます。

これまで4回のアカデミーノミネート!受賞は2回

2020年2月3日に、アメリカでも受賞しましたが、カズ・ヒロ氏がアメリカのアカデミー賞にノミネートされたのは、今回が初めてではありませんでした。なんと合計4回もノミネートされています。そのうち、受賞したのは今回入れて2回です。

「もしも昨日が選べたら」や「マッド・ファット・ワイフ」では賞を逃したものの、2017年に公開された映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」で初めて受賞しています。




映画「スキャンダル」の内容は?カズ・ヒロ氏が担当した特殊メイクは?

2020年、映画「スキャンダル」でメイクアップ&ヘアスタイリング賞を獲得したカズ・ヒロ氏。映画ではシャーリーズ・セロンやニコールキッドマンの特殊メイクを担当していました。どちらも超ビッグスターで、相当な美貌の持ち主ですよね。

「スキャンダル」の内容は?

日本では2020年2月21日に公開予定の映画「スキャンダル」は、シャーリーズ・セロン(44)、ニコール・キッドマン(52)、マーゴット・ロビー(29)といった超美人女優が3人も揃い、見ごたえたっぷりなんです。

シャーリーズ・セロンとニコール・キッドマンはどちらもベテラン女優だし、年齢を感じさせない美魔女です。

マーゴット・ロビーは一番若いですが、今アメリカで最も勢いがあって期待されている女優さんといっても過言ではないでしょう。

昨年は日本でも「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」で、レオナルド・ディカプリオやブラッド・ピットと共演していました。美貌だけでなく、役者としての道も順調で、シャーリーズやニコールのような大物女優へと成長していくのではと先が楽しみです。

映画「スキャンダル」のストーリー

2016年にアメリカで実際にあったセクハラ騒動を、華やかな女優たちが熱演しています。
アメリカでNo.1の視聴率を誇る元・人気キャスターのグレッチェン(ニコール)が、最高経営責任者のロジャー(ジョン・リスゴー)を提訴したことから騒動は始まりました。
ロジャーはテレビ界の帝王とも言える存在で、そんな相手に人気キャスターがセクハラを訴えたことで、アメリカ中の話題に。
局の看板番組を管理しているキャスターのメーガン(シャーリーズ)も、自分がその地位に上り詰めるまでの過去を振り返り、当然冷静ではいられなくなります…。
そんな中、チャンスが来た!とばかりにメインキャスターの座を狙う、ケイラ(マーゴット)が現れます。ロジャーと対面する機会が訪れますが…。

カズ・ヒロ氏へのツイッター口コミは?

・「スキャンダル」観た。確かにシャーリーズ・セロンは知らないと見破れないかも…。
カズ・ヒロ氏、アカデミー賞本当におめでとうございます。

おわりに

カズ・ヒロ氏がメイクを担当した映画「スキャンダル」は今月公開!
豪華なキャストや、今アメリカで何かと問題になっているセクハラを盛り込んだ実話も見どころですが、なんといってもカズ・ヒロ氏のメイクに大注目です。

あなたにオススメ!