政治/社会

小泉進次郎のセクシー発言を海外の意味と日本の意味で比べてみた

Pocket

昨日アメリカ、、NYで行われた国連の環境サミットにて、小泉進次郎環境大臣が発言した内容が物議を醸しています。

小泉進次郎が発言した『セクシー』発言は本当に非難させる発言だったのか?そもそも海外での意味と日本の意味は違うのか?




小泉進次郎のセクシー発言とは?

問題があったのは、小泉進次郎環境相の以下の発言です。

『気候変動のような大きな問題に取り組むには、楽しくかっこよく、セクシーであるべきだ』

という文脈での発言でした。

??

環境問題をセクシーに?

確かにこれだけ聞くと、不謹慎に思います。

この発言は、大手通信メディアのロイター通信もツイッターなどで取り上げて、「日本の新しい環境相が地殻変動の問題はセクシーに戦うべきだ」と発言した」

と報じました。

セクシー発言の小泉進次郎環境相の真意はなんだったんでしょうか?翌日の囲み取材で記者に「あの発言の意味はなんですか?」という質問に対して、

それを説明すること自体がセクシーじゃないよね?』

という回答を繰り返すばかりでした。




海外と日本でのセクシー発言の意味の違いは?

小泉進次郎環境相はどうやら海外で普通に使われている意味で「セクシー」と使ったのだと思われます。

以下に日本と海外のセクシーという意味の違いを検証します。

・海外のセクシーの意味

海外でセクシーを使う時の、性的な意味で使われないケースを見ていきます。

海外では、「セクシー」という場合、『いわゆるセクシーな女性』という以外にも、『ワクワクする。楽しみ。魅力的』という意味があります。

例えば、

メンタリストDaiGoさん曰く

アメリカの大学で行われた心理実験によると、

「あるAというオーケストラに、今まで以上にこの曲をベストを尽くして演奏して下さい。かたや同じレベルのBというおーけすストラには、とにかく枠にとらわれず、自由に楽しくクリエイティブに演奏してください。」というと、明らかに後者の方がいつも以上のパフォーマンスを発揮したそうです。

「ベストを目指して全力で取り組め!」

では緊張感しか生まれません。

なので、常に緊張した状態よりも、楽しくワクワクした状態=リラックスした方が、クリエィティブで斬新なアイデアが生まれるということですね。

小泉進次郎環境相のセクシー発言の真意は、まさにここにあるんじゃないかと思います。

世界中が取り組むべき重大な環境問題。それゆえに自由に楽しくクリエイティブに取り組む=セクシーに取り組みべきだと。

という訳ですね!

セクシーだけ切り取っては全く不謹慎ですが、言葉の真意はそこじゃないでしょー!っとこと。

それを説明すること自体がセクシーじゃないよね?』

と、ナンセンスは質問にあえて答えない小泉進次郎環境相。あっぱれでかっこいいと思います♪

・日本のセクシーの意味

そして、全くナンセンスなのが「面白おかしく不謹慎なイメージ」で切り取った日本のマスコミではないでしょうか?

セクシー=卑猥で不謹慎な発言をした小泉進次郎というイメージをあえて視聴者や小泉進次郎のファンに伝えたと思います。

悲しいですね。

セクシー発言を非難した芸能人まとめ

そして小泉進次郎のセクシー発言の真意を理解せずに、ただ批判という反応を見せて芸能人がたくさんいました。以下に、一部の人を載せます。

・元AKBの秋元才加


普通に真摯に取り組むべきだと思いますが、それでは誰も行動しないからセクシーとか楽しいとかのユーモアがいるんだ!と小泉進次郎さんは言ってるのですが・・・難しいですね!

・舛添要一さん

・ラサール石井

などなど。
みなさん意見はあるでしょうが、一番怖いのは小泉進次郎環境相の「セクシー発言」ではなく、その真意を知らずに悪イメージを切り取るマスコミとそれを鵜呑みにした有名人でしょうか。

「セクシーよりも、日本に向けられた石炭火力への批判に対する具体的な案を全く説明しなかったこと」が一切報道されないのに、セクシーだのポエムだのを取り上げてしまう日本のメディアは大丈夫でしょうか。