芸能記事

槇原俊之のカレ奥村秀一44歳ってどんな人?30年の馴れ初めとは?

Pocket

槇原俊之にカレがいたのはご存知でしたか?

そもそもゲイだったのか!と個人的にはギョッとしていますが、どうやら槇原俊之が薬物と出会ったのは、交際相手の「奥村秀一」の影響が強かったようです。

謎の男・奥村秀一はどんな人物なのでしょう。また、二人は30年以上もの付き合いがあるのですが、出会いのきっかけは何だったのでしょうか。

槇原俊之の6歳年下の彼氏・奥村秀一ってどんな人?

2020年に覚せい剤所持で二度目の逮捕となった槇原俊之。まだ抜け出せていなかったのか…と、心底失望したファンも多かったのでは。

 

そんな槇原俊之の今回の事件に絡めて、槇原俊之の交際相手についてご紹介します。

 

お相手は、もう30年以上も親密な関係があった「奥村秀一」です。

 

【奥村秀一について分かっている情報】

 

・音楽大学付属高校に通学(作曲の勉強をしていた)

・44歳

・場を盛り上げるムードメーカー

・槇原敬之の追っかけだった

・オカマバーで働いていた

・源氏名は「桃山金太郎」だった

 

率直にいうと、奥村秀一はゲイボーイです。音楽大学付属の高校では、作曲を中心に勉強していたようですが、途中で断念しています。

 

新宿や六本木のオカマバーで働いていた経験があり、その頃の源氏名は「桃山金太郎」でした。あだ名は「金ちゃん」で、バーではそこそこ人気があったようですよ。

性転換の手術は受けていません。

 

槇原敬之&奥村秀一の馴れ初めは?

二人が出会ったのは、奥村秀一が20歳の時でした。

奥村秀一も作曲に興味があったし、槇原敬之みたいな男性がタイプで、実際槇原敬之の追っかけファンでした。

 

槇原敬之自身も同性愛者で、二人が出会うまでそう長い時間はかかりませんでした。

 

決定的だったきっかけは、【ゲイ専門の伝言ダイヤル】です。

槇原敬之レベルの有名人は、世間の目もあるためそう簡単に新宿二丁目のゲイバーに出入りはできません。

そこで、槇原敬之は伝言ダイヤルを使って密かに恋人を探していたのです。お互いにタイプが一致していたこともあり、そのダイヤルで意気投合。

奥村秀一はラッキーなことに、憧れの槇原敬之と知り合うことができたのです!

 

お互いに相思相愛で、出会いからトントン拍子に発展していきました。

というのも、槇原敬之も奥村秀一のようなぽっちゃり、むっちり系がタイプだったのです。

 

当時、奥村秀一には別のカレシがいましたが、槇原敬之と出会ってからは正式にカレと別れ、槇原敬之を選びます。

 

 

ある日奥村秀一は、「ピアスをもらったの♪」と、まるで女性のようにトキメキながら、周囲に自慢していたエピソードもあります。

 

槇原敬之が薬物に手を染め出したのは奥村秀一が原因

薬物に手を出し始めたのは、槇原敬之一人だけの問題ではありません。ザックリいってしまえば、相思相愛だった奥村秀一が原因です。

 

二人はラブラブなカップルになれて幸せだったわけですが、奥村秀一が生活の中でかなりのウェイトを占めていたため、槇原敬之にも変化が出てきます。

 

仕事に集中できず、鬱っぽい症状になったこともありました。

薬物を使用し始めたのも、そのような不安定な状態が続いたからではないかと関係者は考えます。

 

二人の交際は深まるばかりで、同棲も始めます。奥村秀一と一段と距離が縮まり、さらに

影響されるようになったのでしょう。

 

1999年、槇原敬之・奥村秀一そろって逮捕される

1999年8月26日、槇原敬之は覚せい剤所在の疑いで、初めて逮捕されます。この時、奥村秀一も一緒の逮捕となりました。

 

当時の証言についてですが、槇原敬之は「自分が奥村秀一に買わせた」と述べました。

真実なのか奥村秀一をかばったのか分かりませんが、かばった説が有力です。

 

また、奥村秀一も槇原敬之をかばい、「自分は2年前から覚せい剤をやっていたが、槇原敬之は1年前から」と、あたかも自分が槇原敬之を誘ったかのように供述したのです。

 

槇原敬之の罪を軽くしようと考えたのでしょう。

 

二人の愛の深さや絆は感動ものですが、お互い懲役1年半年、執行猶予3年の判決が言い渡されます…。

 

実は逮捕される前から、二人はマークされていたのです。

 

 

奥村秀一、裁判でもう会わないと話していたのに…

奥村秀一は裁判で、もう槇原敬之とは連絡しないし会わないと約束していました。

 

しかし二人はすで離れられない関係にあり、結局1年後には同棲を再スタートさせます。

 

誰も引きはがせないような強い愛を感じますよね。

 

奥村秀一は、裁判で自ら供述したこととは逆の生活に戻ってしまったのです。

 

執行猶予中、二人の生活について特にメディアに干渉されることはなかったのですが、同棲が再スタートしたことは、すぐフライデーに報じられました。

 

その時まで、槇原敬之&奥村秀一の関係は世間ではそう知られていませんでした。

 

しかし同棲再スタートの記事で、二人の関係は世間に広く知れ渡るようになったのです。

 

2006年、奥村秀一が代表取締役として就任

2006年、槇原敬之は自分の個人事務所の代表取締役に、奥村秀一を就任させたのです。

もちろん奥村秀一は、パートナーとして槇原敬之を支えて重要な務めを果たしていたのでしょうが…。

 

プライベートでも仕事でも二人は一緒。

 

ネガティブな事件を経験しても、全く二人の愛に変化がないばかりか、より一層絆が

強まっているかのようにも感じました。

おわりに

槇原敬之を覚せい剤の道へと引き込んだ張本人は、カレシの奥村秀一だったわけですね。

 

奥村秀一こそが、才能ある槇原敬之の人生を狂わせたのだと感じてしまいます。奥村秀一と付き合わなければ…、出会わなければ…、槇原敬之は覚せい剤とは無縁でいられたのではないでしょうか。

 

パートナーの選び方次第で自分の人生が狂ってしまうこともあるだと、恐ろしくも感じました。

 

あれだけ愛し合っていたなら、薬物ではなく何か別のものを共有し、お互い高め合っていける関係になれたらもっと良かったのに…。何も薬物でなくてもと思います。

 

愛は本物だったのでしょうが、覚せい剤は仕事も体も生活も蝕んでいきます。お互いにとってマイナスになる要素ばかりで、結局一緒にいることで悪影響を与え合っていたのでは。それは良い関係とは言えない気がします。

愛が破滅に追いやったかのようで、本当に残念ですね。

あなたにオススメ!