サウジ記者を生きたまま切断の死の医師・タバイギー氏音楽聴きながら・・

政治/社会
Pocket

こんにちは!
@HopperMagazineです!

以前から行方不明と
なっていた、サウジアラビア人の
記者・ジャマル・カショギ氏。

 

彼の無残な殺され方が
全世界にリリースされた。

その詳細が、余りにショッキングだった・・

Sponsored Link

1.サウジ記者・ジャマル・カショギ氏は切断された?

余りにショッキングな内容だが、
以前からサウジアラビア政府に批判的だった
記者で作家でもある、カショギ氏。

2週間前から消息が不明だったが、
殺害された上にその手口が
余りにおぞましい内容だった。

カショギ氏はトルコの
サウジアラビア領事館で襲われてなくなった。

中東専門のニュースサイト、

「ミドルイーストアイ」が

ショッキングな内容を報じた。

以下の内容だった。

 

『まだ息のあるカショギ氏は、
書斎のある机に乗せられて体を
切断された・・

7ふんで死亡したとトルコ情報筋
は話している』

こう報じた。

 

更に、続けて、

「15人いる、暗殺犯チームのうち、
カショギ氏を切断して殺害したのは
サウジアラビア軍所属で、

法医学専門家の、サバイギー医師。

彼は、作業中、他の仲間にこう言っていた

そうだ。」

『私は普段仕事中は音楽を
聴くようにしている。

みんな(暗殺犯チーム)も
そうするといい。』

と。。。

 

また、別のトルコメデイアでは、
カショギ氏は殺害された後に、
タバイギー医師が遺体を切断したとも
報じている。

生きたままなら、
想像を絶する痛みと
恐怖だったでしょーね。

考えもつかないほどの
苦痛だと思う・・

既に、
『トルコ当局が殺害時の
音声を入手している』らしいが。

そこにはどんな『断末魔』が
録音されているのか・・

ホラー映画より100倍恐ろしい
悲鳴なのは間違いない。

ANNより

Sponsored Link

2.サウジアラビア政府が関与?

 

米国大統領のトランプが
コメントしているのは、

『政府が関与しているとした、
大変問題である。』

としている。

サウジアラビア政府の
サルマン国王とムハンマド王子は
関与を強く否定しているが、

事件現場となった、トルコのサウジ総領事館
のオタイビ総領事は、既にトルコをでて
サウジにそそくさと帰国している。

これがまた怪しいですよね!

彼の敷地内で、大事件が起きた
にも関わらず無事なんですから、
関与を疑われるだろう、

果たして政府の関与は。。

これから一週間以内に
サウジ当局の捜査結果が出るそうだが、
何にしろ、石油産出国のサウジと
欧米の関係が緊迫状態に入ったのは
間違いないだろう。

3.まとめ

果たしてサウジ政府の関与は。。

これから一週間以内に
サウジ当局の捜査結果が出るそうだが、
何にしろ、石油産出国のサウジと
欧米の関係が緊迫状態に入ったのは
間違いないだろう。

いかにせよ、切断されたカショギ氏
の家族がどうな気持ちなのか。

余りに酷い殺害である。
もし日本国内で

こんな事件あったら・・
世論の反応が想像できませんね。

Sponsored Link

関連記事