芸能記事

菅野よう子のノースリーブ姿に賛否?寒そうで品がないとの声!

Pocket

天皇の即位式典で披露された奉祝曲「Ray of Water」の作曲家・菅野よう子さんの衣装に賛否が集まっています!

あの寒空でのノースリーブは正装としてありだったのでしょうか?意見が分かれる所ですね




菅野よう子の衣装は不適切だった?

今回の国民祭典では、約1万人が抽選んで選ばれて、皇居正門前広場にて天皇陛下即位式典が行われた!

当日は、菅野よう子さんが作曲した楽曲を、嵐が歌唱したりと素晴らしい演奏で、皇后陛下の雅子さまも涙を流される感動のシーンがありました!

ただ、菅野よう子さんが来ていた衣装がsnsでも話題になりました。

今回の菅野さんの衣装は、冬の寒空にしては露出が多めのワンピース。

『ちょっと国民式典の礼服としてはどうなの?』

という声が上がっているのです。

批判の声をまとめると、

 ・寒そうで演奏が頭に入ってこない。

 ・即位式典にノースリーブはない。あれは正装と呼べない。

 ・露出が多すぎる。

 といって意見が多かったようです。

個人的には素晴らしい楽曲で気になりませんでしたが、女性から見ると露出が行き過ぎていたり、華やかすぎる点が良くなかったという意見が多いようですね。




菅野よう子のワンピースはどこのブランド?


引用インスタ

こちらは残念ながらどこのブランドかまでは不明でした。

もともと、菅野さんはワンピースでもノースリーブ系は好きみたいですね。

指揮しやすい服装を選ぶと自然とノースリーブのワンピースになったようです!

今回素晴らしいと楽曲を作った菅野よう子さん。

次は服装もみんなが素晴らしいといってくれるものがいいかもしれませんね!

Sponsored Link







あなたにオススメ!